青い地図

ゆるっと節約系ミニマリストを目指している1児(年少組)の母です。ミニマリスト/イラスト(デジタル、色鉛筆)/手帳術(主にバレットジャーナル)について書いていきます。

ミニマリスト主婦の服の減らし方

最終更新日:2019.10.21


こんにちは、ミニマリストをめざしているあおい ちづ(@aoichidu)です。


今回は服の整理をしてみたのですが、服を手放すのってなかなか難しくないですか?


私は

 何かに合わせられるかも(もったいないから手放せない)
 よく見ると傷んできてるけどまだ着れる
 着てもしっくりこないけどかわいいし、きれいな状態だから持ってる

など、もったいない精神のせいか片付けがなかなか捗りません。


どの状態のものを手放すべきなのかがわからず、服の整理ができていませんでした。


しかし、私が憧れているミニマリストとは、今自分に必要なものだけを持つ者です。


なので"今"にピントを合わせて服を選ぼうと考えました。


そのために、3つの手放す基準を作ってみたのですが、いつもよりも仕訳作業がはかどったのでその方法を紹介しますね!


私の服を手放すタイミングが参考になれば幸いです(^^)



    <[目次]

1.いるもの、いらないもの、保留の3つに分けて整理をしよう!

2.悩んだときに考える3つの基準
  ┗3年以上持っている服は手放す
  ┗服の状態を見て、この状態の服をきて憧れの人に会いに行けるかを考える
  ┗似合っているかどうかを見てみる

3.それでも悩んだら保留ボックスへ!

4.いつか着るかも…と考えやすいので基準を作ると手放しやすい!




1.いるもの、いらないもの、保留の3つに分けて整理をしよう!

一番最初に、タンスの中身を一段ずつ全部出しているもの、いらないもの、保留の3つに分けます。


タンス1段分でも全部出すと大変な作業になるのですが、全部出さないとあやふやな判定のものがタンスに住み着くことになりますので、少しずつでいいので全部出して1つずつ服と向き合ってくださいね!


ハンギングしてて明確な区切りがない方は、ご自分ができそうなとこで区切って1つずつ確認してください。


あとは、片付けの最後にいるかどうか考えてもまだ悩んだものを入れる「保留ボックス」を用意しましょう。


最初のうちは特に、ものを手放すのが難しいので、考えても判断できないものは別で置いといて、後日冷静な自分にジャッジしてもらうと整理がはかどりますよ(^^)


2.悩んだときに考える3つの基準

私はいるもの、いらないもの、保留するもので分ける時に悩んだら、3つの基準に当てはまるかどうかを考えてみました。


人によっては悩んだものはいらないものだ
と言いますし、「確かに」と思う私もいるのですが、やっぱり何かに引っかかって手放せないですし、引っかかったまま手放して未練が残るのはイヤなので、自分が納得できる基準を考えてみたのです。


何度か整理をしていると自分なりの基準が出てくると思うのですが、最初はそういうのがわからない方も少なくないかと思うので、いいなと思う他の方の基準を参考に整理をするのをおすすめします。


私の場合は以下の3点です。



3年以上持っている服は手放す

私はとりあえずゆるめの3年で設定しました。


私の場合、購入から3年以上が経過しているもので、どうしようかなー?と迷っていたものは


 ・デザインや型が少し古い感じがする

 ・今の自分の年齢にあう(好きな)ものではない

 ・たいして着ていない

このどれかに当てはまるものばかりだと思ったんです。


どこかしら引っかかってることがあったんですね。


流行とかも3年ぐらい経つとほぼほぼ終わっているかな?と感じるので3年で設定し、3年以上前に購入したものは多少着ていても手放しました。


気に入ってるものは大体傷んできているし、きれいなものは着てない=必要ないという判断です。
(冠婚葬祭の服などは除きます。)


年数で縛ると判断するのがラクでしたよ(^^)


ここはご自身に合う年数でいいのですが、悩むのであれば同じ3年で設定してみてくださいね!





服の状態を見て、この状態の服を着て憧れの人に会いに行けるかを考える

憧れの人に会うときはきちんとした身なりで行きたいと思いませんか?


私は思います。


普段着だけどしっかりとした身なりで行きたい場面を考えながら服の状態をチェックする

そうすると、私は厳しく見ることができて服を手放しやすくなりました!


これはもったいないと思いがちの人におすすめの方法です。


私はついついケバケバになるまでとか、これぐらいにひっかかりなら大丈夫でしょ(それが数カ所ある)とか、もったいない!と思って長く着てることが多かったのですが、冷静な目で見るとアウトな服でしょと思うものがありました。


そういった着古した服で会いに行くのは相手にも自分にも失礼だなと個人的に思ったので、常に憧れの人に会いに行くつもりでテンションが上がる服を選びたいなという考えからこの基準を設定しています。




似合っているかどうかを見てみる

個人的に、鏡で見るよりも写真で見たときの方が、その服が似合う・似合わないの感覚がするどい気がするので、その服を着ているときの写真を見ます。


一回着てみて鏡の前で写真を撮るのもいいですよ!


ぱっと見たときに(あれ…?)と違和感を感じたら試行錯誤してみて、それでも違和感を拭いきれなかったら手放しています。


少し手間があるのと、フォルダを漁り始める危険性があるので、片付けの仕上げの状態でやるのがおすすめです!


写真を撮ってから、はっきり教えてくれる人に意見を聞いてみてもいいですね(^^)




3.それでも悩んだら保留ボックスへ!


その3つの条件をクリアしても悩むものは保留ボックスを作って、そこでしばらくおいておきましょう。


ずっと考えていると判断力が鈍っていることがあるのと、時間を置くことで冷静な目で見れるのでおすすめです。


私は週1で片づける日を作っているので、1週間後にもう一度見ます。


そうすると
「これはいらないでしょ」
と思えるくらいさっくりと捨てられることもありますよ(^^)




4.服もいつか着るかも…と考えやすいので基準を作ると手放しやすい!

今回、服を減らすときに

1.必要なもの、いらないもの、保留のもので分ける

2.必要なものといらないものをそれぞれ片付けた後に、保留のものを
 ・3年以上経っているか
 ・憧れの人に会うときに着ていけるか
 ・似合っているか
という点を見ながら整理する


という手順で洋服を50枚から34枚に減らしました!


減らせたのは3割ぐらいですかね?


数字だといまいちな感じが個人的にはしますが、タンスの中は非常にすっきりしています(*⌒▽⌒*)


保留のものを必要なものといらないもので分けるのは結構大変ですし、時間をあけた方がすんなり分けられることがあるので、後日、日を決めて改めて整理するのがおすすめです!


整理をすることで

 買うときも着るときも服を選びやすくなる
 厳選した服を着ることでテンションがあがる

ので、どの服を減らしたらいいか悩む方はいくつか基準を作ってから服を整理してみてくださいね!




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 女性ミニマリストへ
にほんブログ村